花火大会の会場で彼女のゲタの鼻緒を挿げたときが初めての会話だった。「はい、じゃあ太ももに足載せて」