殆ど未経験の私が同人イベントの主催を押し付けられた話