妻とは喧嘩ばかりの俺へ娘から手紙。『人のかん字はささえあっていることとぱぱは、わかっていた?  わたしはそんなことしらなかった、でも先生から、ならったんだよ』