あれは、僕が高校を控えていたときでした。