私「有り難いけどお米は実家からも来るのでいいです」叔母「米はいくらあってもいいの。また送る」私「本当にいらないんです!実は…」