嫁と嫁母が嫁妹(天使)の事を居ないものとして扱っていた