道で女性につきまとうエプロンおじさんに対し女性社員が自衛していた。その人が障害者であることが判明すると正義感の強い男性が「受け入れてやるべき」と怒りだした