「結婚したのだから多少のわがままは大丈夫」と胡坐をかきすぎた結果、夫が仕事に出たまま帰らなくなり弁護士を通して「離婚したい」と言われた