狭い道路で自転車を漕ぎながら杖を持つお爺さんがいたのだが…バカかコイツ