自動ドアにお爺さんが挟まれた→私「だ、大丈夫ですか!?」お爺さん『大丈夫大丈夫!』私「プッwww」