【理不尽】案内板などを見る時手足を揃えて顔をあげたお辞儀のような姿勢で凝視する彼が恥ずかしすぎる