【振】死ぬ気なんてないんだろうと思って適当に受け流してた。