ある日、彼「実は…借金があるんだ」私「なんの借金?」彼「理由はきかないでくれ…なにも聞かずに200万貸してくれないか」結果・・・