ある夜、客の奥さん「遅くまでお引き止めしてすみません」包みを渡された俺「あ、どうも…(お茶とおにぎりと缶コーヒー…)」泣いた