娘が3歳になったある日、すごく嬉しそうにでも恥ずかしそうに、モジモジと私をずっと見てる・・私「なぁに?^^」娘『お母さん、プリキュアだったんでしょう?』私「・・え?」→