結局元友人は、私をゴミ箱にしていただけだったのだと思う。ゴミという心の闇もおさまって、私よりもっと褒めてくれる人がたくさん増えたから、私は必要なくなったんだ。