ミクダヨーさんが口開けっ放しで何かを待っている