婚約者『この世にひとつしかない素晴らしい指輪を用意してる』私「え!?なんだろう…」→すると彼が年季の入ったトパーズの指輪を出してきて…