『FF14』が新生して直後のワチャワチャしていた頃の懐かしい思い出語っていこうぜ