書籍化されたなろう作家「中途半端な文章よりは『どがぁん!ばごぉん!』の方が分かりやすくて良い」