壊滅的に場の空気を読めない後輩。多少のことは流してきたが通勤中にこいつの自転車にぶつけられそうになった上、謝りもせず立ち去られて我慢の限界!