書籍化作家「小説やラノベは中途半端に書き込みの入った文章よりは分かりやすい擬音のほうがいい」