喪男だと思ってた旦那が、学生時代人気者だったと知った。何だか裏切られた気分