指原莉乃、気づいてしまう。「お客さんがいないということは。。」