飽きる銃、飽きない銃を挙げてみよう