夏の教室は、彼女の匂いで満ちていた。「夏のドキっとした思い出」をキミに。