毛利輝元の可哀想なエピソードで打線組んだ