【サッカー】駒井や高木のドリブルも効いていたし、鹿島はカウンターを狙うしかない状況だった。しかし、鹿島はそのカウンターの制度が高く、左の槙野のサイドは狙われていた。