仕事と看病で毎日が壮絶な忙しさだった時、小学1年と2年の息子の食事がとてもおろそかだった。