【感動】幼い頃に父が亡くなり娯楽する余裕もなく必死に俺を育ててくれた母が、亡くなる前に一度だけ目を覚まし思い出したように「野球、ごめんね」と言った。