夫にとって私は高嶺の花みたいな存在だったそうだ。「俺の自宅に私さんがいる!すげぇぇ!」状態らしい