一人ご飯の時にあるものを読みながら食べるとすごく楽しい、というお話「考えつかなかった」「至高の贅沢」