現代ファンタジーでなにかいいのない? その5