梁川「かりんは預かった!悔しかったらここまで登ってこい!」