喪服を盗まれた母「(普段から手癖の悪いA嫁に違いない…)誰かが間違えて私の喪服持って帰ったかも」A嫁『そんなの間違えるはずない!』母「せめて確認を…」A嫁『知らん!』→