【不幸な結婚式】 あろうことかお見送りで新郎が発したひと言