二つの名前を持つ私登場。といっても家系的に云々ではなく、ろくでもないことが起き続ける私を母が心配して、高名な名づけの人に調べてもらったら・・・