同僚たちは譲り合いの気持ちが全く無い。荷物を持った人が狭い入り口付近を通りたいのに、そこに立って動かない。一歩横に動けば良いなのに、どこうとしないその神経が分からん。