トメ「私…もうすぐ79歳になるの。いつタヒんでもおかしくない」私「いやそんな…」トメ「それでね、教えてほしいことがあるのよ」