幼い頃から「子供は法に守られた寄生虫。親に迷惑をかけないように早めに独立しなきゃ」と思って、高卒で就職、結婚して離婚しても、親の家は私にとって「帰るところ」ではない。