私「大好きなおじいちゃんが亡くなった時、手に触れてみたりしたけど実感わかなかった」友人「え〜タヒんだ人触るなんて信じられ無い〜こわ〜い」私「…」