【障害と生きる人】昔と隣家に娘と同い年の耳が不自由な男の子がいてお互いの子を預かりあってたので私も手話を覚えた。今彼は先生をしてるが私の生活でも手話が役立っている